園の特色

幼児体育

通常の保育時間内に、幼児体育の指導を取り入れ幼児体育専門の専任教諭の指導により心身の調和的発達を図ります。
「できる・できない」にとらわれず楽しく運動をし、基礎的運動能力を養います。 晴天の日は、園庭で「かけっこ」や「サッカー」など、広い体育館では「マット運動」や「とび箱」「トランポリン」など、体育教諭の指導のもと幼児一人ひとりの発達に即した運動を年間を通して指導します。 冬時期は、園庭にある築山の大きなスロープで、ソリ遊びを行います。

写真をクリックしますと、大きい写真がご覧になれます。
年中組、初めてのでんぐりがえし。
幼児体育指導は、本園の園長です。無理なくできるように、段階を踏んで指導しています。
マット運動の導入段階です。マットと『友だち』になるように、自由に転がっています。 年長組の運動会でのメイン種目、組み立て体操、ピラミッドです。全員、交代して上にのぼります。普段からの運動遊びの積み重ねで、みんな上手にできるようになります。

幼児英語

子どもたちの大好きな歌やゲームに合わせて、英単語や英語表現にふれ、「ことば」に対する感性を磨きます。講師の真似を繰り返して発音やイントネーションを体得し、自然に、そして楽しみながら英語に接する機会をつくっています。

写真をクリックしますと、大きい写真がご覧になれます。
本園では、専門の講師による英語教室を保育時間内に取り入れて、楽しく英語に親しんでいます。 「これ、なぁに?」講師の先生が、実際に教材を見せながら、問いかけています。
子どもたちは、元気に答えます。
英語の歌に合わせて、リズミカルに体を動かしながら、英語の歌を覚えていきます。

サッカー

本園では保育や自由遊びの中に、幼児サッカーを取り入れて楽しく活動しております。 五歳児年長組になりますと、毎年秋に行われるキッズサッカー大会に参加し、県内の幼稚園児との交流試合に参加します。

写真をクリックしますと、大きい写真がご覧になれます。
体育指導の中で取り入れているキッズサッカー。
これは、キッズサッカー大会への出場場面です。年長組の希望者は、毎年、サッカー大会に参加しています。
課外のサッカースクールでは、本園の園長と県サッカー協会のコーチと一緒に、毎週金曜日に、活動しています。 後半は、みんなでゲームをして楽しんでいます。

フリー登園

本来は学校五日制のため、土曜日はお休みになっておりますが、本園では、毎月第1・第3・第5土曜日に幼稚園を開放して遊ぶ機会を提供しております。親子ふれあいの日もあります。
時間は午前8時45分から午前11時30分までとなり、この日は、通園バスはお休みしております。

写真をクリックしますと、大きい写真がご覧になれます。
本園では、毎月第一・第三・第五土曜日は、自主登園となっております。
その中では、親子で一緒に遊ぶ機会も設けております。(毎回、好評です!)
9月に行われた親子フリー登園でのお祭りごっこです。
ヨーヨー釣りをしたり、かき氷を食べたりして、楽しみました。
系列の専門学校カレッジオブビジネスの学生さんと、バルーンアートを楽しみました。

食育

今、食育の大事さが問われています。幼稚園としても、食育の重要性を感じ、お家の方と一緒に、『食』を通して、子どもたちが、心と体を育んでいくように、色々な取り組みをしています。

写真をクリックしますと、大きい写真がご覧になれます。
食育の一環として、親子フリー登園日に、ひっつみ作りをしました。
親子で、ふれあいながら、小麦粉をこねたり、材料を切ったりして、楽しくクッキングをしました。
おいしく出来上がり、心も体も、ほっかほかになりました。
自分たちで栽培したきゅうりを収穫して、「ちくちくするね」「あまーい」と子どもたち。 そのきゅうりを使って、きゅうりちくわを作りました。
栽培したものを調理して味わう喜びや楽しさを、たくさん経験できるようにしていきたいと思っています。
年長組のお泊まり会では、カレーライス作りに挑戦しました。野菜を切って、ルゥーを入れて、かき混ぜて・・
友だちと一緒に、わくわくドキドキのカレーライス作り。とってもおいしくて、ニコニコ大満足の子どもたちでした。